フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■ 植物のかたち
CATEGORY ≫ ■ 植物のかたち
       次ページ ≫

●秋の花たち

turiganeninjin-780.jpg
ツリガネニンジン


久しぶりに

目黒/白金台の

国立科学博物館附属自然教育園へ。

クラスの下見に

行きました。



残念ながら、

ツリフネソウ

(バッチフラワー「インパチェンス」の近縁種)は、

花の時期も

種を飛ばす時期も

終わっていましたが、


キンミズヒキ(アグリモニーの近縁種)や

kinmizuhiki-780.jpg
キンミズヒキ



センニンソウ(クレマチスの近縁種)が

咲いていました。

senninsou-780.jpg
センニンソウ






園内は秋の花たちでいっぱいです。


nusubitohagi-780.jpg
ヌスビトハギ



misohagi-780.jpg
ミソハギ



秋の花は

ほとんどが

楚々とした印象で

独特な空間を作るように感じます。



夏が終わると急に

「和」の世界が

広がるよう。



彩りよく咲いていたのは、

ミズヒキ、

ヌスビトハギ、

ツリガネニンジン、

ミソハギなど...


赤や紫がかった色の花が多いようです。

お茶(茶道)のお花として

いけられているものもあるようです。


それにしても 「ヌスビトハギ」という名前 ...

こんな可愛らしい花に

可哀そうな気がします。笑


nusubitohagi2-780.jpg




すっかり秋らしくなってきましたね。

お元気でお過ごしください。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*  

■9月11日(水)10:30~12:30
フラワーエッセンス体験ワークショップ」、

■9月24日(火)10:00~14:30
クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン主催
バッチ博士のお誕生日を祝う会

■9月29日(日)13:00~15:00
バッチフラワー・ポスター講座

■9月30日(月)9月30日(月)13:00~/17:30~(全4回)
マヒナファーマシー主催
月のめぐりとともにフラワーエッセンスを体験する
宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス

●青色の花たち

blue poppy 2-780


  
先日のこと、

SNSで雨に濡れた

ヒマラヤの青いケシを見ました。>>


花びらが雨に濡れて

少し透明になった様子が

ガラスのように美しく、

あらためて花が

私たちの意識に働きかける力を

実感しました。



青色の花は

黄色の花ほど多くありません。



blue flower1





バッチフラワーでは

チコリーセラトーの花が青色です。



チコリーの色は

聖母マリアのガウンの色を思い起させることから

マリアン・ブルーとも呼ばれ、


chicory.jpg




セラトー

中国西部原産で、

渓谷の岩場に育つ花。

英国では園芸種として

ガーデニングにも人気の花。

少し紫がかった青色をしています。


cerato-cromer01-780.jpg




フラワーレメディ(エッセンス)のはたらきとしての

チコリーは、

外側に向いている

注意を自分に向けて、


人からどう扱われるか、

人をどうコントロールするかではなく、

まずは自分自身を自由にすることに

意識を向ける助けになります。

そうすると、

持ち前の愛情深さを

良い形で

自分にも人にも生かすことができます。





セラトー

迷う心を

外側の人に聞いて答えを得て解決しようとするかわりに


不安な心をしずめて

自分の内なる声を信頼して

耳を傾け行動する

サポートになるエッセンスです。






blue flower3



植物にとって

青色は、葉の色素だけを

使って作れないので、

作るのがたいへんな色だそう。



花は葉が変化した器官です。



その葉の中にある色素を使って

赤や黄色は

作り出せる一方、


青は「わざわざ

作らなければいけない」

色だそうです。



blue flower2



そのような事情を知ると、

それでも青色を選んだ

花たちに

あらためて親しみと、

畏敬の念を感じます。



blue poppy 1-780



人間にうかがい知れない

見えない意図を感じる瞬間です。




~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*  

■9月11日(水)10:30~12:30
フラワーエッセンス体験ワークショップ」、

■9月24日(火)10:00~14:30
クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン主催
バッチ博士のお誕生日を祝う会

■9月29日(日)13:00~15:00
バッチフラワー・ポスター講座

■9月30日(月)9月30日(月)13:00~/17:30~(全4回)
マヒナファーマシー主催
月のめぐりとともにフラワーエッセンスを体験する
宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス

●夏の名残り:サギソウ

sagisou0-780.png


先日鉢に植えられた

真っ白のサギソウに出会いました。

白い鳥のサギに似た

美しい花。


sagi-780.jpg



この花に出会うと、

いつもハッとします。


心がすっきりと

引き上げられて、

視界が広がるよう。


sagisou-780.png


花の大きさは

3センチに満たないくらい

小さいのに、

強く印象に残る夏の花。


そろそろ花の時期が終わります。


夏の疲れの出る頃、

ゆっくりと深い眠りを

心がけたいですね。

お元気でお過ごしください。


フラワーエッセンス体験ワークショップ 
 9月11日(水)10:30~12:30

●この実、何の実?

tochinomi-1-780.jpg


先日の週末、霞が関に出かけました。

打合せに、丸の内の三菱一号館美術館のある

ブリックスクエアに伺うことになったのですが、

その場所は二重橋前駅から徒歩3分とのこと。


路線検索すると、霞が関駅から徒歩で行くのが

一番早いようでした。


それまで東京駅(丸の内口)から歩いていましたが、

霞が関からの方が近いなら、と

検索通りに出かけていきました。



結果・・・遠かった。とても。。

歩いても歩いても、行きつかない。涙


道路は広く、

似たようなビルばかりで

どこを歩いているのかわかりません。


tochinomi-4-780.jpg


スマホで地図を見ても

目印はほとんどなく、

よくわかりませんでした。





確実にわかっている

東京駅から行けばよかったと

後悔先に立たずで

急ぎ足で歩いていた時、

写真の木の実が

歩道の横のシートの上に

集められていました。


tochinomi-7-500.jpg


帰宅後調べてみると

そこは、

国土交通省/警視庁と

裁判所合同庁舎/法務省(赤レンガ棟)の間の

桜田通りの歩道。


トチノキは街路樹として

植えられていました。



●この実、なんの実?

トチの実です。

特徴的な

手のひらを開いたような葉が見えます。


tochinomi-2-780.jpg



トチノキ

バッチフラワーの「ホワイト・チェストナット」

(和名:セイヨウトチノキ)の

近縁種です。


枝に大きな実がついていました。

これが落ちて集められたのが

上の写真の実だったようです。


人のいない週末、

実だけが歩道脇に残されていました。



こんどは花が満開の時に

落ち着いて 笑

来てみようと思います。




tochinomi-3-780.jpg



この日はトチノキの街路樹に導かれ

元気をもらって

なんとか目的地にたどり着きました。苦笑



tochinomi-6-780.jpg
野菜不足を解消!ローズベーカリーの野菜ランチ



東京の暑い毎日も、

湿度はあるものの

やっとひと段落してきました。


立秋も過ぎ、

季節は確実に

秋へと向かっていますね。


実りの秋ももうすぐです。

ご自愛くださいね。


9月11日(水)10:30~12:30
フラワーエッセンス体験ワークショップ

8~10月のワークショップ

●盛夏のフジ

summer-fuji.png


すっかり花の時期は過ぎたと思っていた

フジの花に出会った。


夏に咲く種類も

あることを知る。


フジの花は強い。

強い日差しに負けず、

(味方にしているようにさえ見える)

まだまだ花を咲かせる勢い。

ツボミもたくさん。


甘い香りの6月の花と違い、

緑の青くさいような、

野菜に似た香りがする。


植物のジェスチャーも

象徴性も

知れば知るほど

興味深い花。



まだまだ暑さが続くようですね。

どうぞご自愛ください。


9月11日(水)10:30~12:30
「フラワーエッセンス体験ワークショップ」

Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ