フラワーエッセンスの魅力

フラワーエッセンスや植物の魅力を分かち合う情報を発信しています。
2019年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年04月

●【お申込受付中】講座・ワークショップ

sakura.jpg


【フラワーエッセンスを知りたい方に】

4月13日(土)/17日(水)
 *13:30/*14:30/*15:30/*16:30/*17:30
 (所要時間:30分間)
フラワーカード・リーディング ミニセッション
新しいスタートに
こころを整えるフラワーカードリーディング



【フラワーエッセンスをより深く学びたい方に】

4月14日(日)13:00~17:00
新読書会
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(第3回)」
バッチ博士の著作の特徴と主な概要(第4章)

4月22日(月)10:00~13:00(Web受講可)
新読書会
「自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(第1回)」
最初の3種のレメディー (第2章)

◆使用テキスト
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
ジュリアン・バーナード著 他
関連記事

●【ご感想】第2回新読書会『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』

impatiens_800x600.png


2月から始まった、日曜午後の新読書会

バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』は

先日第2回目を終えました。


第2章は、いよいよバッチ博士が

レメディを作られた

最初の3種についての内容でした。

   
掲載のご許可をいただいた参加者さまの

ご感想を紹介させていただきます。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*

*一番印象に残ったこと

インパチェンスについて丁寧に

バッチ博士の観察を辿っていった

ことです。


年を経ていくごとに説明が変わっていき、

より深く植物と共鳴して感じ取って

いったことがわかりました。


普段エッセンスを選んでいくときなど、

+とーのキーワードについつい

引っ張られてしまいがちですが、

植物はそれ自体で調和している

ということをあらためて確認

できたことです。



*ご感想

インパチェンスのエッセンスを

取りながらとても集中した時間を

過ごすことができました。   


私自身が場の空気に敏感で、

最初は落ち着かない感じが

していましたが、

途中から空気がしんとして

なんとも言えない心地よい

緊張感を感じて取り組めていました。


ほかの方もきっとそんなふうに

感じていらっしゃるのかな?と

思いました。

~・*~・*~・*~・*~・*~・*

K.T.様、ありがとうございます。

いただいたお声を大切に、

次回も楽しみながらも

掘り下げて読んでいきたいと

思います。


*次回は4月17日(日)

13:00~17:00です。

1,2名様の残席があります。

ピンときた方、どうぞご参加ください。

日曜の会・詳細 >>お申込み >>

平日の会もあります(Web講座同時開催
こちら
」も合わせてご覧ください。
関連記事

●こんな時にこころのサポートを(574)

Oak by Armin_800x600


「いいよ、やっとくから、先に帰っていいよ」


自分も疲れている時に

つい人の仕事まで

引き受けてしまうことはありませんか?


それは、もちろんその人のためでもありますが、

自分のためでもあります。

頼れる存在でいたい、

そんな気持ちがどこかにないでしょうか?



人のために我慢して、

無理をしてでも

役に立とうとする時、

特にそれが

気づかずにしてしまうような

慢性的なパターンになっている時には

オーク」の

フラワーエッセンスがおすすめです。



市販のストックボトルから

2滴ずつ、1日4回を目安に

舌下にたらして

飲んでみてください。



心が落ち着き、

自分の抱えたプレッシャーが

和らぐのを感じるでしょう。

そして、本来の強さを取り戻し、

自分もゆったりと

人生を楽しんでよいのだと

気づかせてくれます。


人のために力を発揮して

役に立てるのは素晴らしいこと。

けれど、一人で背負う必要のないことも

あるでしょう。


必要な時には

他の人の助けも得ながら

力強く困難を乗り越えていく─

そんな全体を見る強さと心の余裕を

取り戻す助けになる

フラワーエッセンスです。


このレメディー[オーク]を取った人は、

力が湧き決断力が増すのではありません。

理解力が増し、

直面している慢性的な人生の問題を

捉え直せるようになります。

そして、成長するための新しい方法を

理解し始めるのです。


─ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』 p.153 より


新読書会
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(第2回)」

■4月22日(月)10:00~13:00(Web受講可)

次回は「第2章 アスク川を歩いて」を読みます。

─最初の3種のレメディー
(インパチェンス、クレマチス、ミムラス)の発見について 

book01_bs.png

詳細>>   お申込み>>
関連記事

●【ご感想】第2回新読書会『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』

imp1_bss.png


2月から始まった、日曜午後の新読書会

バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』は

先日第2回目を終えました。


第2章は、いよいよバッチ博士が

レメディを作られた

最初の3種についての内容です。


当日、機材のアクシデントがあり

インパチェンスを丁寧に読みながらの

進行となりました。


そのため、次回はスタート時間を1時間早め、

冒頭でクレマチス、ミムラスを読み、

その後、予定している

第4章
「汝自身を癒せ ─ 汝自身を解放せよ」を

読んでいきたいと思います。


1,2名様の残席があります。

ピンときた方はどうぞご参加ください。

   
掲載のご許可をいただいた参加者さまの

ご感想を紹介させていただきます。

~・*~・*~・*~・*~・*~・*

*一番印象に残ったこと

フラワーは症状でなく

感情に作用する、と

強調される場合があるが、

バッチ博士は当初インパチェンスを

激痛に効果があるとはっきりと

記述していて、

これを伝えられないのは

残念だなと感じた。

もっと広く試してみてほしいと思った。


*ご感想

インパチェンスは情報も多く、

楽しかったです。

私もインパチェンスタイプだなーと

感じるので、

耳の痛い事もありました 笑


~・*~・*~・*~・*~・*~・*


Y.I.様、ありがとうございます。

いただいたお声を大切に、

来月も楽しくご一緒に読み進めて

いきたいと思います。


*次回は4月17日(日)

13:00~17:00です。

1,2名様の残席があります。

ピンときた方、どうぞご参加ください。

日曜の会・詳細 >>お申込み >>

平日の会もあります(Web講座同時開催
こちら
」も合わせてご覧ください。
関連記事

●【ご感想】第2回新読書会『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』

imp0_bss.png


2月から始まった、日曜午後の新読書会

バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき
』は

先日第2回目を終えました。


第2章は、いよいよバッチ博士が

最初に発見した

3種のフラワーレメディについて、

その発見過程や

植物と人間のジェスチャーの対応、

博士による説明の変化が含まれた

興味の尽きない内容です。


当日、機材のアクシデントがあり

インパチェンスを丁寧に読みながらの

進行となりました。


そのため、次回は開始時間を1時間早め、

冒頭でクレマチス、ミムラスを読んだ後、

予定している「第4章

汝自身を癒せ ─ 汝自身を解放せよ」に

入っていきます。


掲載のご許可をいただいた参加者さまの

感想をご紹介します。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*

*一番印象に残ったこと


バッチ博士が痛みを感じる中で、

まずは自分のためのレメディを

探していた、というところです。


年々、インパチェンスに関する記述が

変化していく様子から、

博士の内面の変化が感じられました。



*ご感想


今回も3時間があっという間でした。

長い文章の中でも、

先生の解説で、

「ここは著者ジュリアンさんの解釈」ということを

はっきり示して頂き、

とてもわかりやすかったです。


~・*~・*~・*~・*~・*~・*


K.M.様、ありがとうございます。

いただいたお声を大切に、

よりシンプルに、

興味をもって楽しく

読んでいけるよう

進めていきます。


*次回は4月17日(日)

13:00~17:00
です。

1,2名様の残席があります。

ピンときた方、どうぞご参加ください。

日曜の会・詳細 >>お申込み >>

平日の会もあります(Web講座同時開催
こちら
」も合わせてご覧ください。
関連記事
Thank you.
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ